header_top
header_bottom
news
  • news_2012
  • news_2009
  • news_2008
news
2009/12/29インドネシア植林プロジェクト進捗状況(2)
―インドネシア植林プロジェクト契約締結―

2009年11月1日付で発表いたしました、当社とインドネシア共和国未開発地域開発庁との契約に基づき、政府斡旋の民間企業との契約が12月9日に締結されました。

初回のプロジェクトは、インドネシアジャワ島の南チャンジュール地域で約500haに18万本のスーパーポローニアの植林を行うもので、12月22日付で、契約金の支払いに対するバンクギャランティー(銀行支払保証)が当社に発行されました。

これにより、2月初旬には、日本への入金が行われる見通しとなり、併せてインドネシアでの植林事業がスタートします。
2009/12/02株式会社 富士丸との植林契約締結について
平成21年11月24日、株式会社富士丸(代表取締役 須田 章浩)は、地球環境改善目的のため、毎月売上の一部をスーパーポローニアの植林活動にあて、植林に関する業務全般を弊社に委託する契約を締結いたしました。

(株)富士丸(TEL:03-5494-5541 http://www.fujimaru-corp.com

お問い合わせの際は「エコインデックスのホームページを見た」と言ってください。
2009/11/01インドネシア植林プロジェクト進捗状況
―インドネシア未開発地域開発庁との契約締結について―

当社は、インドネシア共和国(GOI)未開発地域開発庁との間で、2009年9月11日付(政府登録書面番号:005/MOU/D.V-PDT/IX2009)で、今後10年間に総予算27億USドルにて50,000haの土地に22,500,000本のスーパーポローニアの植林を行うという契約を締結しました。植林の目的は、未開発地域開発庁が進める地域社会での雇用創出と厚生への貢献とCO2削減と森林の復興であり、インフラ予算は、政府が支出し、植林事業面に於いては、政府が民間の投資会社を募り提供を行うという内容の契約となっています。

尚、今回の発表は、当社の親会社であるSHI Corp.(USA ピンクシート称号SHCC)が、7月8日付でビジネスワイヤーにプレスリリースした、スーパーポローニアの植林によるCO2吸収を排出権として確立させるためにインドネシア政府筋と当社が行う共同作業の一環でもあります。(http://www.shi-corp.com参照)

当社は、植林によるCO2吸収量の科学的根拠を裏付けるため、2009年9月1日付で、広島大学と「スーパーポローニアのCO2吸収量評価」の共同研究契約を締結しました。
2009/02/03社名変更のお知らせ
この度、株式会社スタイレックは社名変更し「株式会社エコインデックス」となりました。
今後とも変わらぬご愛好、何卒宜しくお願い申し上げます。